So-net無料ブログ作成
エンドラーズ2006 ブログトップ

NBPのその後 [エンドラーズ2006]

すっかり寒くなり水槽にヒーター投入の時期になって来ました。
今年は、飼育環境も変わりヒーター無しでエアコン管理で冬を越そうと思っています。

今、我が家の水槽では出産ラッシュ!!先日、水槽掃除をして掃除する時間より、魚を掬う方が時間を要しました。^^;年末年始は選別作業に追われそうです。

話は本題に入り、約4年に渡って取り組んで来た、New Black Peacock(NBP)
何度か以前のブログでも紹介していますが、赤(オレンジ?)の色を抜く作業(赤の少ないのを残す)をして選別し、赤抜きを造ろうとしていました。

これが約3年程掛って出て来た最初の赤抜き
DSC_0392.JPG


F1では赤抜きが出ず、短命の為、絶えてしまいました。
その後、中々次の赤抜きが出ずにいましたが、今年の春に次が2匹出てきました。
DSC_0475.JPG


半分諦めていたので、プラケ飼育で2Pで稚魚を採り始めました。
1匹は案の定短命で居なくなり、♂1、♀2になりましたが、稚魚も採れこれからと言う時に
プラケ掃除の時に♂を流してしまい(泣)残った♀と稚魚を水槽に戻し諦めました。

すると、その稚魚から出て来ました。
DSC_0112.JPG



DSC_0116.JPG


そしてF2でもその兆しが!
DSC_0115.JPG


赤抜きから初めて出た赤抜き、そしてF2世代にも繋がってきた様です。固定に向けて俄然やる気が出て来ました^^

赤抜きの中でも少し変化が有り、最初の写真の個体は尾鰭のソードが赤ですが、2枚目のは白、角度によっては、Blueにも見えます。その子供も白に出ています。

最初は若いので色がまだ出ていないのかと思っていたのですが、その後も変わらずなので、完全赤抜きが出来るかも?
まだ、F2世代もどの位でるかわかりませんが、固定目指して頑張ります。

ちなみに、Black Peacockはこちら
DSC_0011.JPG


では、またの機会に!


エンドラーズ2006 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。